Skip to main content

Qt QuickアプリケーションをQt for MCUsへポーティング

本ホワイトペーパーでは、既存のQt QuickアプリケーションをQt for MCUsを使ってマイクロコントローラ(MCU)にポートした具体的な事例をご紹介します。

Download PDF

本ホワイトペーパーでは、既存のQt QuickアプリケーションをQt for MCUsを使ってマイクロコントローラ(MCU)にポートした具体的な事例をご紹介します。
今回のプロジェクトでは、デスクトップ、モバイル、および組み込みシステムで展開する既存の「HomeChef」アプリケーションのポートを行いました。すべてのデプロイメントでユニファイドアーキテクチャを用いていますが、ユースケースとOSは異なります。また、MCUポートを含め、コードベースとツールチェーンを共有することで、ブランドアイデンティティの確立を図っています。
本ホワイトペーパーでは、Qt for MCUs 1.0を使ってQt Quickアプリケーションを480kbまで縮小させ、STM 32F769にポートするプロセスの詳細をご紹介します。
また、ごく短期間でいかにしてさまざまな課題を解決し、通常であればよりパワフルなハードウェアを必要とする高いパフォーマンスを実現したか、その詳細をご説明します。