Whitepapers-JP

White Paper: 医療業界向け製品・サービス

Issue link: https://resources.qt.io/i/1060760

Contents of this Issue

Navigation

Page 1 of 11

2 The Qt Company 医療業界向けサービス·製品 The Qt Company はじめに 1994年に初版が開発されたQtは、クロスプラットフォーム アプリケーション開発のためのリーディングテクノロジーで す。現在では70以上の業界で、Qtを基盤としたアプリケー ションがデスクトップ、組み込み、およびモバイルOS向け に開発されています。大手のグローバル企業でも、Qtを基 盤とする医療機器や車載システム、産業オートメーション 設備などが誕生しています。医療業界での歴史は20年以 上前にさかのぼることができ、1990年代半ばには、世界 で初めてQtを利用した超音波装置が実用化されました。 今日のデジタルヘルスケア製品は、今まで以上にスピーデ ィで直感的に利用できるユーザーエクスペリエンス(UX) と、より近代的で信頼性と応答性に優れたユーザーインタ ーフェース(UI)が必要とされています。世界中の数百万人 に上るスマートフォンユーザーはその高度なUI/UXに慣 れているため、デジタルヘルスケア製品のUI/UXに対す る期待も高くなるばかりです。またモバイルデバイスでは、 デジタルヘルスケア/ウェルネスアプリは他のアプリと同 じようにシームレスに機能することが求められます。さらに 組み込みソフトウェアが内蔵されたデバイスであれば、タ ッチスクリーンUI/UXはスマートフォンと同等の直感性、 応答性、信頼性を備えたものでなくては、ユーザーのニー ズに応えることができません。 ハイパフォーマンスで普遍的なUXの開発は、決して簡単な 作業ではありません。医療機器の多くは、多様なハードウェ アプラットフォームやOSの上に複雑な機能とアルゴリズム が構築された極めて精密な製品です。そのような医療機器 を新たに市場に投入するには、莫大なコストとリソースと時 間がかかります。米スタンフォード大学の2010年の調査に よると、食品医薬品局(FDA)のFDA 510(k)市販前届をクリ アした医療機器の発案から市場投入に至るまでの平均コス トは3,100万米ドルです。さらに市販前承認(PMA)が必要 となる、革新的でハイリスクな医療機器の場合、コストは 9,400万米ドルにも上ります1。医療機器の平均的な市場 投入時間は3~7年とされ、またこのような規模のプロジェ クトには、ソフトウェアエンジニアリングやハードウェアエ ンジニアリング、製品管理、規制順守、品質管理、マーケテ ィングといった多種多様な分野で社内外の多数のチーム が携わるのが一般的です。 こうしたプロジェクトでは時間やリソース、コストを時には 制御できなくなることもあります。しかしQtならではのフレ キシビリティや、マルチプラットフォームサポートといった 多くのメリットを活用することで、医療機器メーカーはそう した負担を最小化することが可能になります。   市場投入までの期間の短縮:医療機器の市場投入まで の期間は製品開発期間そのものと、規制/コンプライアン ス関連にかかる期間という、大きく2つの要素によって左右 されます。Qtを利用したことのある方ならご存じの通り、Qt にはソフトウェアチームの開発期間の短縮を支援する多 彩なライブラリとツールが揃っています。コードを書く手間 も不要なため、開発者は最良のUIの開発に注力すること ができます。Qtなら、今よりも短期間で効率的にプロトタイ ピングから開発、テスト、展開のサイクルを実行することが できます。 またQtは、社内リソースや業界有数のパートナーネットワ ークを駆使し、ユーザーを規制/コンプライアンスの側面 からもサポートします。   スケーラブルなソリューション:Qtはクロスプラットフォ ームフレームワークであり、多種多様なOSおよびハードウェ アと互換性があります。ユーザーは一度ソースコードを書い てしまえば、必要に応じてあらゆるターゲットで実行できま す。ハードウェアアーキテクチャやOSに応じたコードを書く 開発者チームを編成する必要もありません。   総所有コスト(TCO)の削減:市場投入のためのコスト や期間を減らすことができるため、TCOが削減され、短期 間で収益を上げることが可能となります。 以降のページでは、医療業界でのQtの活用方法と、医療機 器メーカーの間でQtがリーディングソリューションとして採 用され、普及している理由をご説明します。また、医療機器メ ーカー向けのQtの主な機能のほか、メーカーで広く利用さ れている各種製品アドオン、医療機器分野の規制環境を踏 まえたQtならではのサポート体制もご紹介します。そして、様 々な医療機器・産業機器業界団体のメンバーとして、Qtがい かに医療機器の未来に影響を与える先駆的な役割を果た してきたかをご説明します。

Articles in this issue

Archives of this issue

view archives of Whitepapers-JP - White Paper: 医療業界向け製品・サービス